父、硬膜下血腫で手術~回復

 久しぶりのブログ更新です(*´з`)
去年の春頃から父の体調に異変が表れ始めました。
転びやすくなったり、言葉が明瞭に発音できなくなったり、尿失禁するようになったり、認知症のような症状が出てきたのです。

何かにつまずいて転ぶのではなく、意識が突然なくなって転ぶのです。
意識がある状態で転ぶなら受け身がとれますが、意識がない状態で転ぶから頭などを打ったりすることが多くなりました。何かにつかまらないと歩けなくなり、歩行器を使うことにしました。

歩行器を扱っている店で介護保険が受けられるように手続きをして、歩行器や介護用ベッドを借りることにしました。尿失禁用のオムツもそこで買うことができました。
ケアマネージャーさんが時々実家に来て介護の予定を組み、デイサービスや自宅で入浴サービスも受けることになりました。

最初は85歳という年齢から、老化現象だろうと思っていました。しかし本人は病気だと感じていて、いくつかの病院で検査を受けていました。5月か6月頃に脳神経外科で、頭に水のようなものがたまっているといわれたのです。

手術するのかと思っていたら、そこから9月まで進展しませんでした。
今は手術する時期じゃないのかなと思っていたら、脳神経外科の病院から県立病院にあてた連絡の書類が家に置きっぱなしになっていました。父も母も物忘れがひどくなっていたのです。
父はだんだん認知機能が衰えてくるし、母は物忘れがひどいうえに、父の介護疲れで寝込んでしまう日もありました。

もう父母だけではだめだとわかってきて、9月の末に県立病院に一緒に行きました。
硬膜下血腫という病気だと告げられ、手術すれば良くなる可能性が高いが、あまり変わらない人もいるといわれました。父がその日のうちに手術することに同意したので、午後に手術、翌日には退院しました。
頭に小さな穴をあけて一晩かけて血を抜くのですが、意識が混乱して暴れることがあるので、体をベッドに固定されてしまいました。それでなくても認知機能が低下しているのにベッドに固定されて、やめろーと大声で叫んだり頭の管を抜こうと暴れたので、強い鎮静剤を点滴投与されました。鎮静剤が投与されるとすぐに父は眠ってしまいました。鎮静剤がなかったら一晩中大変だったでしょう。

母は病院に泊まり、翌日私が迎えに行き、無事退院して家に帰ってきました。
車から降りて自宅に向かうのかと思ったら、家にきて30分くらいソファーに座って休んでから自宅に帰ろうとしたときです。玄関で転んで頭を打ち、頭から少し血を流して倒れました。
昨日頭を手術したばかりなのに、頭を打ったのです。父はショックを受け、救急車を呼んでくれと言いました。私はどうしようかと迷って、とりあえず実家に電話して、母と弟を呼びました。
結局救急車を呼び、県立病院に運ばれ、額に大きな絆創膏を貼って帰ってきました。

その後は毎日とても落ち着きがなくなってイライラがひどくなり、心療内科などに通う日々が続きました。
そして毎日のように具合が悪いから救急車を呼んでくれというのです。救急車を呼ぶほどのことはないよ言っても、意味がわからない感じでした。
2週間後、かかりつけの病院に行ったら、心療内科にあてた手紙が家に置きっぱなしになっていることがわかりました。また連絡がうまくとれていなかったのです。

その日の午後、心療内科に手紙を持って行き、薬をもらって飲みはじめたら、やっと落ち着きを取り戻しました。
今はもう転ぶこともないし、ことばもはっきり聞き取れるようになり、尿失禁もなおったようです。


85歳という高齢でよく手術に耐えて治ったなーと思います。
5年ほど前に肺がんの手術もしましたが今のところ再発せず、けっこう生命力の強い父ですが、年を考えるともう大きな手術は無理かもしれないなーと思っています。

病気になってだいぶ足腰が弱くなってしまった父ですが、病気がきっかけで、お酒が大好きだったのに全然飲めなくなったのです。健康のためには良いことかなと思います。

またこれも病気がきっかけだと思うのですが、父が洗礼を受けたいなどと言い出したのは驚きでした。無神論者の父が…。
お迎えが来るまでに洗礼を受けさせてあげたいと思います。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ぴー子
2014年02月11日 18:03
お父さん大変でしたね。
85歳でのオペ頑張りましたね。本人も大変ですが家族ももっと大変ですよね。なんか、私の父とだぶってしまい他人事のようにはとても思えません。私の父も似たような症状・・・・
お父さん術後は順調で良かったですね。春までまだちょっとあるので風邪にも気をつけてくださいね。
2014年02月16日 14:15
ぴー子さん、いつも温かいコメントをありがとうございます。(*^▽^*)
ぴー子さんのお父さんも同じような症状なんですね…。
本人も大変だけど家族も大変ですよね。病気が長引くと、体力的にも精神的にもきついです。
介護保険でだいぶ助かってます。
デイサービスなどを利用してがんばりましょう!!

この記事へのトラックバック