テーマ:聖書

ハロウィンを祝ってはいけない理由

10月31日のハロウィンが近づいてきました。🎃 お菓子やパンやケーキなどのパッケージに🎃や👻やドクロ💀などのマークが入って売られていたりします。 私はそういうハロウィンのマークが入っている物は絶対に買いません。もちろんハロウィンを祝うこともしません。 なぜかというとハロウィンは悪魔悪霊たちの最大の祝祭であり悪魔崇拝者たちのお祭…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台風19号〜

台風19号は東海〜関東〜東北に甚大な被害を与えました。 被害を受けた皆様には心よりお見舞い申し上げます。 台風15号で大きな被害を受けた千葉県にこれ以上被害が広がらないようにと、多くの人が祈った事でしょう。 クリスチャン達も台風の被害が酷くならないように祈りました。 どのくらい祈りが聞かれたかは神様にしかわかりませんね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YouTube《エイリアンの正体》堕天使、ネフィリム、レプティリアン…

YouTube[エイリアンの正体]堕天使、ネフィリム、レプティリアンhttps://youtu.be/chsm7hIPAZMを見て、まとめてみました。 結論から言うと、エイリアンは堕天使(悪魔、悪霊)。 エイリアンて「どこか遠い星から円盤に乗って地球にやって来た知的生命体」というのが一般的なイメージですよね。 聖書で「第二の天」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YouTube《フリーメイソンの起源 ・カインの子孫》

《フリーメイソンの起源 カインの子孫》          探求・分析  ゲリー・ウエイン          Genesis Conspiracy(2018年6月27日に公開)          https://youtu.be/ih02bd_NXvk 六千年以上続く陰謀の起源を伝える、『創世記』の家系図とは?アダム&エバから誕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネフィリム(巨人)の起源〜エノク書

前に「悪魔サタンとは?」という記事を書きました。その中で「悪霊」というのは、「天使と人間の女の間に生まれた「ネフィリム」という巨人の霊魂」だと書きました。その「ネフィリム」についてもう少し詳しく書いてみたいと思います。 旧約聖書の中に「エノク書」というのがあります。エノクという人はとても信仰深く、神と共に歩いたと書かれています。系図で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エホバの証人(5)〜黒目が!(°_°)レプティリアン?

2年位前に訪ねて来たエホバの証人さんの話しです。 いつものように中年の女性が2人、家に来ました。 玄関のドアを開けて話していました。 1人はまだ新人さんという感じで、少し離れた所に立って話しを聞いているだけでした。 もう1人の方はベテランさんという感じで、私と向かい合って話していました。 エホバの証人は三位一体(父…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エホバの証人と話す(4)

1ヶ月前の7月28日木曜日の午後、エホバの証人のOさんとNさんが訪ねてきた。 Oさんは以前から健康状態が悪く痩せていたが、また少し痩せたように見えた。 年は私より1つか2つ年上なのに顔中に深いシワがあって、いつも見るたびに気の毒に思う。 体調の話しから悪霊の話しに及んだ。 「悪霊は人を病気にさせたりするんですよね?」と聞いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エホバの証人と話す(3)

2015年12月15日(火曜日) エホバの証人のOさんとMさんが家に来る Oさんが家で栽培して増やしたポトスを持ってきてくれた。🌱 この前来た時、家のアイビーをあげたお返しかな。 2人が来る前にこの前のプリントを読んでいたら間違いに気づいたので、聞いてみる。 (残りの死人は千年が終わるまで生き返らなかった)としたな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エホバの証人と話す(2)

2015年12月1日火曜日10時30分 エホバの証人のOさんとMさん来るこの日は母も一緒に聖書を学ぶ。 前回の疑問、ヨハネの黙示録20:5「残りの死人は千年が終わるまで生き返らなかった」の残りの死人とは誰か?を、jwのweb pageからプリントしてきてくれた。 それによると、実際に死んだ人ではなくて、霊的に死んでいる人のこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エホバの証人と話す(1)

2015年11月10日火曜日10時30分 晴れ エホバの証人のOさんとMさんが家に来た 今日は少し話が長くなりそうなので、玄関先ではなく庭のガーデニングテーブルのほうに案内した。 日差しも暖かく、鳥の声も聞こえて気持ちが良かった。 こないだ来た時に約束していた「神からの良い知らせ」という小冊子の「亡くなった人にも希望があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「悪霊の正体」ハワード・ピットマン著

「悪魔サタンとは」の続きです。 「悪霊の正体」の著者ハワード・ピットマンは、神の特別なミッションの下、天使の護衛つきで第2の天に行き、悪霊たちがどんな姿形で何をしているのかを見せられました。 第2の天から地球にもどって、悪霊が人間にとりつく瞬間のようすなども見せられました。 悪魔の目的は、人間を神から遠ざけて切り離し、自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔サタンとは?(ハワード・ピットマン著・悪霊の正体)

聖書には悪魔や悪霊の話が何回も出てきます。 イエスや使徒たちが、悪霊にとりつかれている人の悪霊を追い出したり、病気をいやしたりする話しを記事にしてみようと思い、途中まで書いたところで、「悪霊の正体」(ハワード・ピットマン著)という本を読み、悪魔と悪霊がどんな存在なのか詳しく知ることができました。 悪魔とは誰か、悪魔の目的は何なのか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫とサタンのエージェント

最近、「天国はほんとうにある」というDVDを見ました。 アメリカの7才の男の子が、病気で死にそうになり、手術中に天国に行ってイエス様に会ってきた実話だそうです。 イエスキリストに伴われて天国に行ってきた子供ってけっこういるのかなと思い、ネットで調べてみたら子供だけでなく、若者や大人も天国ばかりか地獄も見てきたクリスチャンが多数いるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日モルモン教の青年が宣教に

去年の秋ころ、家にモルモン教の宣教師が二人、訪ねて来ました。 エホバの証人は何度も家に来たことがありますが、モルモン教徒が家に来たのは初めてでした。 玄関をあけると、背の高い外国人の青年が日本語で、 「ワタシワ末日聖徒イエスキリスト教会の○○と申します。」とあいさつしてきました。 白人青年二人、ということはモルモン教の人だ、とすぐにわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖ヨハネの草(セントジョーンズワート)

初夏にかわいい黄色い花を咲かせるハーブ、セントジョンズワート。 セントジョンズワートは”聖ヨハネの草”という意味ですが、そう名づけられたのは、聖ヨハネの生誕日である6月24日頃に花が咲くことや、この植物の赤い色素ヒペリシンが、聖ヨハネの血を表していることに由来するといわれています。 聖ヨハネっていったい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パッションフラワー(パッション)

パッションフラワーの花ってとてもユニークな形をしています。 雌しべの形が時計の針に似ているので、トケイソウとも呼ばれます。 リラックスしたい時の代表的ハーブで、神経を鎮めたいときやストレスが原因の症状に効果を発揮してくれるメディカルハーブです。 不安、緊張、イライラが続いたとき、ストレスにとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野の花」~カモミール

聖書の中にもいろいろな植物が出てきます。 その中で「野の花」「野のユリ」と言われる植物があります。 最近の聖書訳は「ユリ」を特定の種と見るよりも、野草一般と見る傾向が強くなっているそうです。 「聖書の植物」という本によれば、それはアネモネかカミツレではないかといいます。 イエスは神の国の福音を伝えるため、大勢の人々を前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山浦玄嗣先生のお話

昨日NHK教育テレビに、山浦玄嗣先生が出ていて良いお話をしていらしたので、忘れないうちに書いておこうと思いました。 山浦先生は大船渡在住のお医者さんで、カトリックのクリスチャンです。(1940年生まれ) 気仙地方の方言で聖書を訳したことで知られています。 ケセン語訳聖書の功績が認められて、バチカンに招かれその当時法王だったヨハネ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more