テーマ:ハーブ

膀胱炎の症状を緩和・予防するハーブ

3日前、急に膀胱炎になってしまいました。 連日の猛暑で体力が落ちていたのと、水分補給が足りていなかったことが原因だったのかなと思います。 夜7時頃、なんだか急にトイレに行きたくなって用を足そうとしたら、ポタポタっと数滴しか出ないし、ひりひりするような感覚があったのです。なにこれ?と思いながらトイレから出たのですが、残尿感があってすぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖ヨハネの草(セントジョーンズワート)

初夏にかわいい黄色い花を咲かせるハーブ、セントジョンズワート。 セントジョンズワートは”聖ヨハネの草”という意味ですが、そう名づけられたのは、聖ヨハネの生誕日である6月24日頃に花が咲くことや、この植物の赤い色素ヒペリシンが、聖ヨハネの血を表していることに由来するといわれています。 聖ヨハネっていったい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトニー

ベトニーというハーブを育ててみました。 3年ほど前にハーブショップで苗をひとつ買って、庭に植えました。 年々少しずつ大きくなって、枯れることなく草丈90cmの大きさになりました。 もっと肥えた土に植えれば、もっと大きくなっていたかもしれません。 ハーブといっても薬効を期待してというより、観賞用でしょう。 昔は修道院のハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーブ畑にいる猫

青い花のボリジやピンク色のチャイブの花が咲いている、6月頃の庭です。 レモンバームやマジョラムも育っているようです。 ハーブの間をユリちゃんがあたりをうかがっています。 [PREVAIL/プリヴェイル]【La Fleur/ラ・フルール】…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペアミントとドクダミ

家の壁ぎわにそって、スペアミントとドクダミがこんなに生えました。 ミントは増えるから鉢に植えるほうがいい…と言われるとおり、よく増えます。 ミントは絶対に庭に植えてはいけない…という人もいます。 絶対庭に植えてはいけない植物…ミントとドクダミ。 それが混じって生えている。 もともと砂利が敷いてあって、何も生えないと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野の花」~カモミール

聖書の中にもいろいろな植物が出てきます。 その中で「野の花」「野のユリ」と言われる植物があります。 最近の聖書訳は「ユリ」を特定の種と見るよりも、野草一般と見る傾向が強くなっているそうです。 「聖書の植物」という本によれば、それはアネモネかカミツレではないかといいます。 イエスは神の国の福音を伝えるため、大勢の人々を前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイムにそっくりなイブキジャコウソウ

数年前、イブキジャコウソウというハーブの苗を庭に植えてみました。 日本原産のタイムによく似た植物なので、どんなものだろうと興味をそそられたのです。 成長はゆっくりめで、やっと30~40cm四方位に広がりました。 香りは、レモンのようなとても爽やかな香りがします。 イブキジャコウソウという名前からして、麝香の匂いでもするのかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャットミント

先週、館ヶ森アーク牧場に行ってきました。 ハーブガーデンにキャットミントの青い花がたくさん咲いていたので、写真をとりました。 キャットミントというだけあって、猫が好んで匂いをかいだり、その上に寝ころがったりします。 家の庭にも植えたことがあるのですが、いつも猫たちに荒らされて枯れてしまいます。 ハーブショップに苗があった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カモミールの庭

今年も庭にカモミールがたくさん咲きました。 花壇からはみ出て、歩くときに踏んでしまうくらいたくさん…カモミールだらけ。 それとフランス菊もカモミールに混じって咲いてます。 去年カモミールを摘んで乾燥させたものが、まだだいぶ残っているので、バス用に使ってしまいましょう。 【Little Garden】【ナガク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オールドローズとは?

家の庭に咲いているルイ-ズ・オーディエというバラもオールドローズですが、そもそもオールドローズって昔からある古いバラのこと? 素朴な疑問から調べてみました。 まずバラには大きくわけて4つあるみたいですね。 原種のバラ、オールドローズ、モダンローズ、イングリッシュローズ。 古代から人々はバラを愛し、栽培してきました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やくらいガーデン⑤シークレットガーデン

ハニーサックル(すいかずら)が絡んだアイアンのアーチをくぐると、小さなガーデンがありました。 木漏れ日が差し込むグリーンの中に、ベンチと小さな噴水が。 シークレットガーデンと名づけられた、落ち着いた空間です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やくらいガーデン④ハーブガーデン

ハーブガーデンはそれほど広くはないけれど、いろんな種類のハーブが植えられています。 ひとつひとつ名札が付いているのでハーブの名前がわかるし、段差があるので見やすいです。 午後になると木陰になるようで、暑い時期には人もハーブも嬉しい場所です。 ハーブを眺めながらベンチで一休みするのもいいですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハニーサックル

ロニセラ(別名ハニーサックル)は、すいかずら科のつる性植物で、忍冬(にんどう)とも言うそうです。 ヨーロッパ、アジア原産の常緑低木。 5~6月に香りのよい白い花が咲き、次第に黄色に変わってきます。 この花は生薬になり、「金銀花」と呼ばれているそうです。 花をホワイトリカーなどに漬け込んで作ったお酒を「金銀花酒」といい、疲労回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナスタチウムとハーブサラダ

ナスタチウムの葉と花は、クレソンに似たピリッと辛い味がします。 南米原産のハーブで、葉にはビタミンC、鉄分が含まれていて血液中の赤血球を造成してくれます。 また抗菌作用があり、腸内の良い菌を壊すことなく働いてくれるそうです。 他にも抗真菌作用や去たん、利尿作用があります。 ハーブを入れたサラダをつくってみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コリアンダーの花

セリ科のハーブ、コリアンダー。 チャービルに似た白い花を咲かせます。 中国では香菜(シャンツャイ)、タイではパクチーと呼ばれ毎日の食卓に欠かせないハーブだそう。 独特の香りがあって、好き嫌いが分かれるハーブですが、うちの旦那さんはこれが大好き。 だから1年中切らさずに栽培しているほどです。 健胃、強壮、消毒殺菌作用などがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャーマンカモミールの収穫

ハーブの収穫は晴天が2~3日続いたあと、午前中、朝露が乾いてからするのが良いそうです。 朝8~10時くらいでしょうかね。 暑くならないうちにすませたいですね。 カモミールの花の黄色い花芯がもりあがってきたら、花首から切り取って生、または乾燥させてティーなどに利用します。 たくさん収穫する場合、外でやっていると日焼けが気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャーマンカモミール

耐寒性のある一年草でキク科のハーブ。 去年こぼれ種が芽をだし、冬越しして育ったジャーマンカモミールたちです。 毎年庭のあちこちから芽をだして花が咲き、庭を歩くとカモミールの香りがします。 花芯の黄色い部分にりんごのような甘い香りの精油がたまるそうですよ。 カモミールは植物のお医者さんといわれ、カモミールの近くに生えている植物…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

コンフリー

コンフリーは高さ1m以上になるハーブの仲間です。 ヨーロッパでは以前食べられていましたが、現在は肝機能障害の報告があり食用にはされないようです。 コンフリーには抗炎症作用や皮膚軟化作用、けがの治癒作用があり、あざ、やけど、皮膚の炎症、ねんざの治りを早める外傷薬などに使われているそうです。 コンフリーの別名ニットボーンは「骨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラムズイヤーが大きくなってきました

ラムズイヤーは”ひつじの耳”という意味で、やわらかい毛に覆われていてフワフワした手触りです。 ハーブの仲間ですが、あまり食べることはなく、ドライフラワーの材料などにされるようですね。 苗を植えてから5~6年たちます。 【ハーブ苗】【シルバーリーフ】ラムズイヤーこうようがーでん【商品内容】ラムズイヤー【特徴】寄せ植えや…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ボリジの白い花

ボリジの花には青と白があります。 この白い花も青いボリジと同じように食べられます。 白もかわいいですね! 青いボリジの記事にも書きましたが、ボリジには「元気や勇気を引き出す」作用があるそうです。 ローマの博物学者プリニウスの著作や16世紀の薬草の本に、「楽しい気分にしてくれる」「悲しみを払いのける」といったボリジの効用が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボリジの青い花が咲きました

ボリジの花が咲いてきました。 青い星型の花がつぎつぎに咲いてきます。 この花は食べられるので、サラダやお菓子などに添えるといいですね。 アイスキューブにして凍らせて飲み物に入れるのもおしゃれ。 白ワインなどにそのまま浮かべるのもいい。 ボリジの花は昔から「憂うつを追い払い、勇気を与える」と言われてきました。 近年の研究で、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの寄せ植え

ちょっと大き目の樽形の鉢に寄せ植えしてみました。 中央に青いサルビア、まわりにアイビー、バコパの白とピンク、クリーピングタイム、すみれ。 サルビアの深いブルーが好きです。 このサルビアはメルローという品種だそうです。 丈夫でよく増え、挿し木でもふえるそうなので大事に育てて大きくしたいと思います。 シソ科のハーブ、セ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

チャービルの花

せり科のハーブ、チャービルはグルメのパセリなんて言われることがあるそうです。 よくフランス料理などに添えられていますよね。 料理にちょっと添えるとおしゃれな一皿になりますよ。 味は清涼感のあるパセリに似た味とでもいいましょうか。 白いレースのような花がかわいいけれど、花が咲いたらもう寿命なんだそうです。 花芽を刈り取ってし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

山椒の木の芽

5~6年前に植えた朝倉山椒が2m近くに生長して、香りの良い木の芽をたくさんつけました。 たけのこご飯に木の芽があるといいですね。 豆腐田楽にも欠かせません。 山椒は若芽、果実、幹、樹皮など利用できる部位が多い木です。 山椒の辛味成分、サンショオール、サンショウアミドには、駆虫、解毒、食欲増進、体を温め胃や脳の働きを活発にし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レモングラスを育てる

レモングラスはレモンの香りがするイネ科のハーブです。 タイ料理のトムヤムクンに入れるハーブですね。 また乾燥させてハーブティーに使います。消化を促したりインフルエンザなどの感染症を予防する効果もあるそうです。 レモングラスの精油は虫除けに使ったり、ルームスプレーなどに用いられることもありますね。 レモングラスは葉が1mほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボリジが大きくなってきました

ボリジはハーブの仲間で花や葉をサラダにいれたりして生食することができます。 でも葉はちくちくするのであまり食べませんね。青い花はかわいいです。 去年ボリジの苗を植えたら大きく育ち、たくさん花を咲かせてくれました。 こぼれ種の芽がでて冬越しした葉っぱがこんなに大きくなっています。 花芽もたくさんできています。 ここは冬零下1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

館ヶ森アーク牧場に行ってきました

きのう岩手県藤沢町にある館ヶ森アーク牧場という所に行ってきました。 家から車で40分くらいなので気が向くとすぐに行ける近さです。 ここはとにかく広い!そして空気がおいしくて気持ちがいい!季節ごとにいろんな花が咲いている。 今は桜やチューリップが見ごろですよ ムスカリがたくさん咲いていました。 園内にはウサギやくじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディカルハーブ検定合格しました

メディカルハーブ検定の合格通知が届きました。 (*´∇`) たぶん大丈夫だろうとは思っていましたが、通知が来てホッとしました~。 思えば検定に行ったのは3月6日。 その5日後に東日本大地震が起こったのだ。 なんだかずいぶん前のような気がする。 その前と後でいろんなことが変わってしまったよう。 震災の前に、ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディカルハーブ検定に行ってきました

第8回メディカルハーブ検定を受けてきました~♪ 会場は仙台にある専門学校の校舎の4~6階。 1つの教室に33人、男性も5人位いたかな。 13:00 開場 14:00~14:10 説明 14:10~15:20 試験 60問70分です。一通り解答し終わってまだ30分ほど時間があったのでちょうどいい位の長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペパーミント

爽やかなミントの香りは眠気を吹き飛ばし、気分をリフレッシュしてくれます。 健胃作用があり消化器の機能を調整してくれるので、食べすぎや飲みすぎ、食欲不振、消化不良、吐き気などの不快な症状をしずめます。 またストレスが原因の下痢や便秘、腹痛をおこす過敏性腸症候群にも用いられます。 鎮痙作用もあるので、筋肉や神経がけいれんしておこる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more